ブルスケッタ~ごま油を生かして

11月に入るとボジョレーヌーボーが話題になります。

ボジョレーヌーボーとは…
フランスのボジョレー地区で その年に収穫されたぶどうで作られた新酒
のことです。

11月の第三木曜(今年は11月16日)の解禁日を前に
フランスから続々とボジョレーヌーボーが到着したそうです。
11月ひと月で、年間のワインの輸入量のうちかなりの割合を
占めていると聞きます。

また、世界中に出荷されたボジョレーヌーボー、
その3割ほどが日本に来ている、とも聞きます。

日本でボジョレーヌーボーを楽しむ方は
思いのほか多いのですね。

さて、ボジョレーヌーボーは、ほとんどが赤ワインだそうです。
赤ワイン、といえば、かつて「フレンチ・パラドックス」で、
その健康効果が話題になりました。

「フレンチパラドックス」とは、
「乳脂肪の消費量が多いと心臓病死亡率が高くなる。しかし
フランスは乳脂肪消費量が多いのに心臓病死亡率が低い。
その理由は、赤ワインの消費量が多いからである」(!?)
という説で、これをきっかけに空前の赤ワインブームが起こり、
赤ワインの含むポリフェノールが注目を浴びました。

ポリフェノールには、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があり、
血液サラサラ効果、認知症の予防効果があると言われています。また、
赤ワインに含まれるポリフェノールは体内に吸収されやすいそうです。

ワイン好きの方に朗報ですね!
尤も、フレンチパラドックスには賛否両論あるようですし、
また、健康にいいとはいえ、ワインもアルコールなので、
摂り過ぎには注意しなければなりません。

飲み過ぎないように野菜、たんぱく質、炭水化物等などおつまみを
いろいろ(バランスよく)食べながら、
ほどよい量を楽しみたいものですね。

さて、きょうはワインに合うブルスケッタを2種  ご紹介します。
黒ごま油の力強い濃厚な香りを生かしたトマトのブルスケッタ。
そして、パンチェッタの風味を生かすため、くっきんぐせさみおいるを使ったブルスケッタ。

それぞれのごま油の特徴を生かした2品です。

ワインのお供だけでなく、
軽食やブランチにもぴったりです。
是非作ってみてください。

◆ごま油でブルスケッタ2種
【材料】
・バゲット 1本
・黒ごま油 大さじ1強
・塩、こしょう 各適宜
・レモン汁 少々
・トマト(小さめ)1個
・クリームチーズ 30~40g
・削り節 1パック
・青味(バジル、大葉、セロリ、スプラウト等) 少々
・くっきんぐせさみおいる 大さじ1強
・にんにく 1/2かけ
・パンチェッタ(ベーコン) 3~4枚
・しめじ 1/2パック
・玉ねぎ 1/8個
・塩、こしょう、醤油 各適宜

【作り方】
■ トマト・ブルスケッタ
1.トマトはさいの目切りして、塩こしょう、黒ごま油(大さじ1)、レモン汁をかけ混ぜておく。クリームチーズはさいの目切りにしておく。

2.バゲットは約1.5cm厚さに切り、切り口に黒ごま油を塗り、
オーブントースター(グリル)で香ばしく焼く。

3.バゲットの上に、1のトマトとクリームチーズ、削り節を混ぜて
のせる。(上に青味を散らす)

■ きのことパンチェッタのブルスケッタ
1.玉ねぎは薄切りに、しめじはほぐし、パンチェッタは1㎝幅に切る。

2.バゲットは約1.5cm厚さに切り、切り口にくっきんぐせさみおいるを塗り、 にんにくの断面をすりこみ、オーブントースターで香ばしく焼く。

3.くっきんぐせさみおいる(大さじ1)で、玉ねぎ、しめじ、ベーコン
を炒めて、塩・こしょう・醤油で味を調え、2の上にのせる。

※ クリームチーズは使い切りのミニタイプが便利です。ナイフにくっきんぐせさみおいるを薄くぬってから切ると、チーズがくっつきにくく、切りやすいです。

【今回使用したのはコチラ】
黒ごま油                くっきんぐせさみおいる

【ごまの5!】とろとろ湯葉と京野菜の鍋セット

毎年大変ご好評いただいております「とろとろ湯葉と京野菜の鍋セット」、今年も販売スタートいたしました。


今年はより皆様に楽しんでいただけるよう京都の素材を詰め合わせました。

お出汁にうね乃さんの利尻昆布、京野菜は壬生菜と九条ネギ、老舗巣林庵さんの巻湯葉、そしてもちろん当店の美味しい純国産黒すりごまと練りごまをたっぷり使ったごまだれをお届けしますので、届いたその日にすぐ召し上がっていただけます。

さらに今年は賀茂とうふ近喜さんのうす揚げ、京野菜の聖護院かぶらも追加注文いただけます。
※聖護院かぶらは収穫スケジュール上、11/20が初回出荷となりますのでご了承くださいませ。

どの品も丁寧に作られた逸品でとても美味しいですよ。
お箱に入れてのお届けなので大切な方へのギフトにもおススメ。

寒くなってきてお鍋日和のこの頃、京都をたっぷり堪能できるお鍋セット、いかがでしょうか。

【ごまの5!】ガーリックセサミオイル

  • 【ごまの5!の日】にお届けする 製品情報
毎月25日は、山田製油 新入社員から、情報をお届けです!

今日ご紹介するのは、毎日のお料理に使えるごま油!
くっきんぐせさみおいるに国産ニンニクの豊かな風味をプラスしたフレーバーオイル、ガーリックセサミオイルです!

ニンニクのみじん切りをしてから具材を炒める、そんなひと手間を省けるだけでなく、ニンニクの香りでたまらなく食欲をそそるごま油です。

炒飯やお肉、お魚などの炒め油としてももちろんですが、サラダにハーブソルトと一緒にあえるだけでちょっとしたイタリアン風に、お料理の仕上げに回しかければニンニクの香りがたったワンランク上のお料理がお家で簡単に。
さらに、パスタと唐辛子を一緒に炒めるだけで本格的なペペロンチーノだってできちゃいます!

オシャレな四角いボトルで毎日のお料理を楽しみましょう!

【ごまの5!】 Flavor oil(MAKUAKE限定)

  1.  【ごまの5!の日】にお届けする 製品情報
    毎月15日は、山田製油 製造部から、情報をお届けします!

いよいよリリースが近づいてきまた。 若手ごま職人が挑戦する
『僕らのNEXTごま油』プロジェクト

こんなに香りが違うのかとびっくりする出来立ての風味。

そんな出来たての本当の美味しさを知ってほしい…。

そんな思いで『僕らのNEXTごま油』を作り、ついにこれまでにない

Flavor oilが完成しました。

ごま油に別の使い方はないか?これまでの製品の良さを取り入れつつ

思いついたのがFlavor oilでした。

香ばしいごま油の香りではなく新たに香りを付けることで、料理を劇的に

変えることができるかもしれない!

そんな油ができたらいいな(笑)と意気込み、製造部 若手ごま職人で

意見を出し合いながら完成させました。

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

『僕らのNEXTごま油』を是非、味わってみてください。

リリースは10月20日です。

支援していただける方は下記のリンクから山田製油で検索していただきますようお願いいたします。

クラウドファンディング MAKUAKE

https://www.makuake.com/

【僕らのNEXTごま油プロジェクトページ】
※プロジェクトページは、10/20オープン(現在は表示されません)
https://www.makuake.com/project/henkoyamada/

【メディア掲載】秋の京都を楽しむ3冊

秋に向けて、京都が美しい季節になります。
大変嬉しいことに、現在、発売中の雑誌3冊に製品や
工場見学の様子など、とても素敵に紹介いただきました。
ぜひ、手に取ってご覧いただければ嬉しいです。

●【大人のおしゃれ手帖 11月号(宝島社)】
本上まなみさん連載「京都で大人になっています」
会社への来訪、工場見学、ピッコロモンドでの食事の様子
<本上まなみさんHP>http://www.honjomanami.com/

 

 

 

 

 

 

●【Casa BRUTUS 完全保存版
KYOTO TRABEL GUIDE 2017(マガジンハウス)】

フードディレクター野村友里さんの訪問の様子が掲載されています。
金ごま油、くっきんぐせさみおいる、喜界島産の国産ごま(白)を
ご紹介いただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●【CREA 11月号(文芸春秋)やっぱり行きたいね、京都】
調味料は専門店で買い求めるで、練りごま(白)を
ご紹介いただきました。

 

 

【僕らのNEXTごま油】フレーバーゴマオイル「葱生姜」

本日ニュースリリースになりました 若手ごま職人が挑戦する
『僕らのNEXTごま油』プロジェクト
【ニュースリリースはこちら!】NEWS RELEASE_山田製油_Makuake

製造部が自信をもって製造している出来たてで新鮮なごま油を、
みなさんのもっと身近に、毎日の料理や食卓で楽しんでもらいたい。

今回のプロジェクトは、そんな「新しいごま油」の可能性を
探すものです。約1年の歳月、あらゆる試行錯誤の日々をへて、
ごま油の特有の食欲をそそるあの芳しい香りをあえて封印し
オールジャンルで使える油『僕らのNEXTごま油』がとうとう完成しました。

 

 

 

11月の製品化を目指し、Makuakeでの
クラウドファンディングに挑戦します!

クラウドファンディング実施期間は
10月20日(金)11時~11月20日(月)まで
30日間のチャレンジです。

若手ごま職人が作った『僕らのNEXTごま油』
期待を裏切らない、新しいごま油になっています。
みなさんの「食」がますます楽しいものになること
間違いなしです!

みなさまのご支援・ご協力をどうぞ宜しくお願いいたします!

【Makuake】https://www.makuake.com/

【僕らのNEXTごま油プロジェクトページ】
※プロジェクトページは、10/20オープン(現在は表示されません)
https://www.makuake.com/project/henkoyamada/

【ごまの5!】宇野さんの「無農薬白米コシヒカリ」3kgと「出来たて便」のセット

毎年ご好評いただいております無農薬無化学肥料栽培のお米、
無農薬白米コシヒカリ」今年も新米をご用意いたしました。

 

 

 

 

 

 

この新米を作っていただいているのは京丹波の宇野さん。

 

 

 

 

 

宇野さんのお米は動物性の堆肥などは一切使用せず、
収穫後に残った稲わら・米ぬか・もみ殻だけを鋤きこんだ、
栄養をたっぷり蓄えた豊かな田んぼで育ったもの。

さらに宇野さんは、収穫後に天日干しをしています。

これは今ではごく僅かの農家さんしか行っていない方法で、
一般的な収穫法の倍以上の労力が必要となるのですが、
これを宇野さんお一人でされています。

大切に大切に育てられた美味しい新米を、
さらに美味しく召し上がっていただきたいので
今年は「出来たて便」とセットにしてのお届けです。
出来たてフレッシュなうちに食べきっていただけるサイズ、
香り高いごま製品をお米と一緒にお届けいたします。

今は天日干しの最中、お届けは11月からです。
限定数量でのご用意ですので、ご注文はお早めに。

 

 

 

 

太陽の力をギュッとため込んだ
お日さまの香りのする美味しいお米、ぜひお試しくださいね。

【ごまの5!】スキンケアオイル


【ごまの5!の日】にお届けする 製品情報
毎月25日は、山田製油 新入社員から、情報をお届けです!

秋らしく、朝晩は少し肌寒くなってきましたね。
洗い物や乾燥でお肌がカサカサとしてくる季節がはじまります。

そこで今日ご紹介するのは、肌をしっとりと守ってくれる
ごま油でできた スキンケアオイルです!

 

 

 

 

 

 

ごま油(セサミオイル)は、食用としてはもちろん、スキンケアとしても
使われてきた長い歴史があるのをご存知ですか?

ごまが持つ抗酸化成分は、美容有効成分や保湿効果などを含み
お肌にもとっても嬉しいオイルなんですよ。

山田製油のごま油は、すべての油製品が「1番絞り」!
このスキンケアオイルも、もちろん同じ製法で作られています。
脱色や脱臭、薬品による抽出を一切せず、必要な分だけを搾油するので
いつでも「出来たて」で「新鮮」なオイルでお届けしています。

さらに!使うと容器の中底が上がるエアレスボトルを採用。
スキンケアオイルの酸化も抑えてくれます。

年間数回しか作らない、受注生産品のため、直営店とショッピング
サイトでのみ販売をしている「スキンケアオイル」

これからやってくる乾燥の季節もごまと一緒に楽しんでみませんか?

1、スキンケアオイルを手に取り
体温でオイルをあたため滑らかに

2、【全身の場合】
体の末端から中心に向かってマッサージ
ひざ、ひじ、かかと、目元など特に
感想が気になる部分のお手入れに

【ヘアケアの場合】
●タオルドライ後…髪に適量をなじませる
●乾いた髪…パサつきが気になる部分に
→オイルが傷んだ髪のキューティクルを
コーティングして潤いと艶が!

【ごまの5!】純国産・無濾過「えごま油」

今年の4月に限定販売をした「無濾過仕上げ えごま油」。
好評につき、再販が決定し、来週12日、
いよいよ搾油→出荷をむかえます。

山田製油が絞る「無濾過仕上げ えごま油」は、
えごま油の特徴である酸化や劣化を最大限に防ぐため
予め搾油日を設定し、えごま油を充填したその日に出荷する
受注生産方式/100本限定です。

職人による丁寧な手作業で
洗い→焙煎→冷却→搾油→梱包の作業ののち
みなさまの所へお届けいたします。

1,えごまを洗っています
2,えごまを焙煎しています
3,えごまを冷却したあと
4,えごま油を絞っています
5,遮光瓶に1つ1つ丁寧に充填して… ラベルを手作業で貼って…
6,割れないように丁寧に梱包して…
7,お手紙を入れて…発送です!

山田製油のごま油を製造している「胡麻工場」のお隣
日吉町保野田地区で、大切に育てられた「えごま」。

栄養を余すことなく楽しんでもらえるように、あえての
無濾過仕上げになっています。

他にはない、「絞りたて」「出来立て」の味を
お楽しみいただけたら嬉しい限りです。

【掲載】éclat10月号「ごまらぁ油」

現在、発売中の『éclat(エクラ)』(集英社)10月号。
創刊10周年という、とてもスペシャルな1冊となっております。

大人にしか味わえない奥深き世界として特別な「京都」が特集され、
エクラ取材班が10年の取材をもとに厳選した、最愛「京都」。
殿堂入りアドレス58がBook in Bookになっております。

58の中の1つ。京都在住ライター、天野準子さんのセレクトした
自分用に買って帰る京都の味‐調味料‐の1つに
『ごまらぁ油』をご紹介いただきました。ありがとうございます。

日本中、いや…世界中にもファンの多い、京都へんこの『ごまらぁ油』
ごまを焙煎してから30日かけて完成する「白ごま油」を100%使用し
国産唐辛子や、しょうが、長ネギ、4つのスパイスとともに煮込んで
完成するまで10日間。職人が手間暇をかける、この40日もの時間が
うちの『ごまらぁ油』の美味しさの理由であることは間違いありません。

10年の取材の中。そして、数ある京都の調味料の中。
選んでいただいたこと。それはそれは、なんとも栄誉なことです。
これからもずっと。変わらず「へんこ」に。製品を作り続けます。