『胡麻豆腐と夏の京野菜』

こんにちは ごまの山田製油です。当社の代表的な商品は≪一番絞りごま油≫≪直火焙煎すりごま≫≪石臼挽き練りごま≫です。いずれも手間ひまかけて丁寧に仕上げ製品となります。

二段の石臼でゆっくりと挽き上げる練りごまは、1時間にわずか300gほどでプロの料理人も認める自信作です。

その練りごまを主原料に吉野葛と岩塩・水のみで作った『胡麻豆腐』は、桂本店・ゴマクロサロン・催事会場で販売しておりますが、おかげさまで他にない濃厚なごまの旨味が好評を頂いております。

『ネット通販や電話注文はできないの?』というお声を頂戴することが多く、期間限定ではありますが京野菜とのセットをご案内いたします。是非とも本物の胡麻豆腐を味わって下さい。

         http://shop.henko.co.jp/fs/gomayamada/6191

濃厚な味わいの『胡麻豆腐』。厳選した原料でじっくりと炊き上げる『ごま佃煮』。『京都大原野の野菜』のセットです。ご自宅用はもちろん、夏のギフトにもいかがですか。

へんこ社長男の料理「おうどん」

京都は、うどんではなく、おうどんです。さて今朝のおうどんを紹介します。

昨晩余分に湯がいておいた水菜を温めなおしたり、お揚げさんを焼いたり、お餅を揚げ焼いたり、おうどんを温めたりとコンロを使いまくりました。

先ずは、お餅を胡麻油たっぷりの低温で揚げ焼きします。お餅に色目が付いてきたら、お箸で伸ばしながらカリカリに焼きます。ちなみに白胡麻油がお勧めです。

湯がいたおうどんに、お揚げさんと水菜を温めた汁をかけます。

一番のポイントは、お餅の揚げ焼きの仕上がりに全ての仕上がり時間を合わせます。

お餅を最後に載せた時に「ジュー」と言う音を聞いて、男のおうどんの完成です。

始めは、その状態で食べますが、練り胡麻を途中で加えて、味の変化を楽しみました。

皆さん、一度お試しください!

へんこ社長「お肌ツルツル」

誰のお肌がツルツル?

それは56歳のへんこ社長こと私のお肌です。

その原因は胡麻をたくさん食べているからだと思います。

特に練り胡麻は、万能調味料です。我が家の場合、いつも食卓には練り胡麻があります。刻んだネギに練り胡麻、胡麻ラー油、醤油少々の味付けして豆腐につけたり、うどんを食べる前に、七味と練り胡麻をかけたりと、本当に簡単な食べ方で、私の場合はお肌ツルツルになりました。

良かっら一度お試しください!

へんこ社長男の朝御飯「刺身のケンやツマは美味しい」

昨晩のオカズに、本社近所の魚屋さんで愛媛県産ヒラメの薄造りを買いました。

刺身は美味しくいただきましたが、ちゃんとした魚屋さんなので、ケンやツマからも「食べてくれぇ〜」のサインが出ていました。

刺身と一緒に食べるのが常套でしょうが、そこは少し趣向を変えて、朝御飯の具材として残しておきました。

そして朝御飯では、大根と大葉は味噌汁、パセリは細かく刻んで卵焼きに入れました。

もちろん味噌汁の仕上げには、練り白胡麻をたっぷり垂らしました。ついでにご近所さんにもらった蕗の佃煮にも少し練り胡麻をかけました。

刺身では、付け合わせのケンやツマを、メインに食べた朝御飯でした。

へんこ社長男の朝御飯「スプーン」

先月、小樽行きフェリー内の売店で買った海上自衛隊スプーンで朝御飯を食べたくなり、作ったのが小松菜餡掛け飯でした。

昨晩の残りものである小松菜とお揚げさんを焚いた一品を餡掛けにしただけのものです。

食べる前にラー油をタラァ〜リとかけていただきました。

キャラクター付きのスプーンで食べたくなる子供と同じ精神年齢である社長の朝御飯でした。

へんこ社長男の料理「ハリッサ」

最近、ファンが増えてきた山田カリーですが、希望されるお客様には、辛味調味料「ハリッサ」が添えられます。激辛なので、皆さん辛さを調整しながら、自分好みの味にして山田カリーを楽しんでいただいています。

その「ハリッサ」は、山中シェフが山田カリーに合うように開発してくれた逸品です。

今朝は、冷蔵庫に残っていた麺汁パックに、野菜はトマトだけしかなかったので、それを具材にして、とき卵を加えました。

食べる前に、ハリッサを入れたのですが、和風と麺汁にサッパリ感のトマト、それにカレー風味の激辛ハリッサが、妙にまとまって美味なスープになりました。

いつかハリッサも販売できたらと考えています。

夢かなえます企画 開催中!!

こんにちは へんこ山田です。日頃のご愛顧に感謝して、公式ショッピングサイトにて『夢かなえます企画』開催中です。

http://shop.henko.co.jp/fs/gomayamada/c/yume

人気商品や特別限定品をご用意しておりますので、ぜひともチェックしてくださいね。

●受注期間締め切り:4月15日(日)まで

●発送スタート:4月20日(金)から

桜の花のミニおにぎり~ごま風味

はやいもので、4月を待たずに桜の花が満開になりそうな京都です。
先週、春分の日のころは、ぐんと冷え込みましたが、
その後は、あたたかで穏やかな日が続き、市内各所で
早めの桜がほころんできています。

写真は、きょう3月26日の東本願寺前です。
京都駅の近辺では、こんなふうに桜が五分(?)咲きのところが
あちこちで見られます。

これから1週間は、温暖な日がつづくとの予報なので、
例年よりもはやい花便りに、お花見の計画もはやまりそうですね。

さて、「お花見」、「花便り」という言葉、
それから、花曇り、花明かり、花吹雪、残花、花筏、
花嵐、花霞、花風、花屑、花の雨、花の宴…

いずれも、「桜」という文字はなく
「花 」とあるだけなのに、
「桜」の花のことを指しています。

花といえば桜、
日本人が、昔からどんなに桜の花が好きで
花開くのを待ちわびているかが窺えます。
桜ほど、私たち日本人の心に訴えかける花はないのでは…。

目で楽しむ桜だけでなく、
舌で味わい、香りを楽しむ桜もこの季節ならでは。

桜餅や、花見団子の桜の花の香りは、
春を満喫させてくれるものの一つです。

きょうは、ご家庭で簡単に作れる、
桜の花のミニおにぎりをご紹介します。

桜餅の香りが楽しめるおにぎり。
お花見など行楽のお弁当にぴったりです。
また、人が集まる機会が多い春の食卓にも
見栄えがして喜ばれます。

桜の花の風味に、ごまの香ばしい香りがよく合います。
ぜひ作ってみてください。

◆ 桜の花のミニおにぎり
【材料】(約16個分・4~5人分)
・ご飯 約2合分
・白炒りごま 大さじ2
・白すりごま 大さじ1
・桜の花の塩漬け 約30g
・桜の葉の塩漬け(下に敷く)適宜
   
 【作り方】
1 桜の葉と桜の花を洗って、水に浸け(約10分)塩抜きし、水気をきっておく。
2 桜の花は、飾り用を(個数分)とっておき、残りを細かいみじん切りにする。
3 ご飯に、2の刻んだ桜花とごまをまんべんなく混ぜて、まるく握り(ラップを使うと衛生的で、形作りやすい)上に飾り用の桜の花をのせる。
4 器に1の桜の葉をしいて。3をのせる。

※ 米に餅米を混ぜると、もっちり食感でおいしいです。
※ 桜の花の塩漬けは、味見をして塩気を確認してください。

【今回使用したのはコチラ】


いり白
炒りごま(白)


すり白
すりごま(白)

手まり寿司~雛祭や春の行事に…

ここ数日、京都では暖かな日がつづきます。
あちらこちらで 梅のつぼみも急にほころんできました。

きょうは三月三日、五節句の一つ
「上巳(じょうし)の節句」です。

五節句・・・
一月七日の人日の節句、五月五日の端午の節句、
七月七日の七夕の節句、九月九日の重陽の節句、
そして、三月三日は桃の節句(上巳の節句)。

一般的には、「ひなまつり」…京都では親しみやすく「おひなさん」とも
呼ばれています。

その起源をたどると…
身に降りかかる災厄を、人形(ひとがた)に移らせて、
川や海に流して厄を祓う、というのが始まりだそうです。
その流しびなから、やがて、飾りびなへと変わっていき、
現代のように雛人形を飾るようになったのですが、
形は変わっても、女の子の健康とすこやかな成長を祈る
という願いは同じです。

ひなまつりは、桃の節句 とも呼ばれ、桃の花とゆかりがあるのは、
桃がこの時季に花を咲かせるから、ということに加え、
桃には昔から邪気を祓う力がある、と言われているからです。

女の子のいるお宅では、雛人形と桃の花を飾ってられることと思います。
それから、ひなまつりの日の献立と言えば、
ちらし寿司、というご家庭が多いのではないでしょうか。

ただ、ちらし寿司そのものにひなまつりにゆえんがある、
という訳ではないようです。

おそらく、女の子の健康を祈り、体に良い食材を…ということから、
海老(長寿)や蓮根(見通しがきく)など縁起のいい具や、
お祝いにふさわしい、卵、人参、三つ葉など春らしい彩りのもの等、
色々な具を混ぜこんだちらし寿司が ひなまつりの行事食のように
なっていったのでしょう。

さて、ちらし寿司もいいのですが、
きょうは、可愛らしく彩りの美しい
手まり寿司を作ってみました。

ラップをつかって丸く形作った手まり寿司は、
かわいらしくて、上に具をトッピングするだけで、見栄えがします。

ひなまつりの菱餅の色、赤、白、緑の食材、そして
春らしい黄色の食材があれば、
華やかで、食卓が引き立ちます。

こちらの食材は、野菜中心。
いくらもサーモンもまぐろもありません。

魚介のお刺身を色いろのせると、もちろん豪華です!
が、質素な食材でも彩り美しく、美味しそうに見えます。

切り方やのせ方を工夫しながら、のせていくのは
楽しい作業。
お子様とご一緒に作られてはいかがでしょうか。

ひなまつりだけでなく、この季節の行事、卒業式、入学式などのお祝い
の席にもぴったり。
是非おためしください。

◆ 手まり寿司
【作り方】(約4人分)
   ・ご飯 約2合分
   ・合わせ酢(1合半の分)
    A【米酢 40cc(大さじ1.5強)、砂糖 大さじ1、塩小さじ2/3】
   ・白炒りごま 大さじ3
   ・ B【米酢 大さじ1、砂糖 少々、ゆかり 小さじ1】
   ・ 黒すりごま 小さじ2
  
   具
   ・青味[きゅうり、青じそ、貝割れ、菜の花など] 
   ・赤い食材[かにかま、とびっこや辛子明太子、ゆでタコ、
           梅干し、日野菜のお漬物など]
   ・ 薄焼き卵
   ・白い食材[れんこん、ラディッシュ等]
   ・海苔

   
【作り方】
 1.固めに炊いたご飯の3/4(約1合半)に合わせ酢を混ぜて冷ます。
    白炒りごまを混ぜる。(白い酢飯)

 2.Bを電子レンジで約10秒加熱して混ぜ、残りの半合分のご飯と混ぜ
   冷まして、黒すりごまと混ぜる。(赤い酢飯)

 3.きゅうりとラディッシュは薄切りにして、塩をふりかけ水分をとる。
   れんこんは薄切りをゆでて酢漬けに、菜の花はゆでて食べやすく切り、
   ゆでタコは食べやすく切り、薄焼き卵は細切りに。 

 4.1と2をそれぞれ、ラップを使って食べやすい大きさにまるめ
   (ピンポン球くらい)、上にお好みの具を彩りよくのせる。

【今回使用したのはコチラ】

すり黒
すりごま(黒)

 
いり白
炒りごま(白)