へんこ社長男の料理「山田だし」

今日は朝から「山田だし」を作りました。トマト、ズッキーニ、山芋、大葉、茗荷、生姜、ニンニク、唐辛子を細かく刻んで塩と酢、醤油で適当に味付け。

試食しましたが「美味い!」
夜まで寝かして、食べる前に練り胡麻やすり胡麻を加えたら、いくらでも食べられます。

私のこれからの季節の定番料理です。

へんこ社長「今日のお弁当」

今日のお弁当は玄米ご飯の間に鰹節をサンドイッチしました。それとちょっとヤラセですが、胡麻塩をトッピングしました。普段は食べる前に胡麻塩をふりかけるのですが、皆さんに当社の胡麻塩を宣伝したかったので、先にふりかけました。

おかずは昨晩の残りの「八宝菜もどき」です。胡麻油と紅生姜の香りが混じり、我が家の定番料理です。


へんこ社長 男の料理「主役は胡麻塩」

今日の昼弁当です。今晩は独り飯なので、その時のお菜も兼ねて、お揚げさんと豆腐、葛きりを炊きました。オヤジになってくるとドカァンと大盛り料理よりも小皿で何品かの方が楽しいので、今晩は簡単料理ですが何品が作るつもりです。

ところで弁当の方は玄米ドカベンですが、健康に良いと言われる玄米にもデメリットもあります。

玄米の胚芽や表皮にフィチン酸という強力な排泄作用を持つ物質が多くあり、毒素を出して病気を治していく作用がありますが同時にミネラルも出していくのです。体内毒素とミネラルは別々の所に存在しているのではなく、毒素とミネラルを一緒に排泄してしまいます。そのミネラル分を補うのが胡麻塩でなのです。

いつもは脇役の胡麻製品ですが、私の独断と偏見で、今日の「男の料理」では胡麻塩が主役です!

へんこ社長 男の料理「ドカ弁当」

一昨日までの大雪は、私が京都市内から引っ越して十年少々の経ちましたが、一番の積雪量でした。


また、今晩から雪になりそうなので京都泊まりになりそうです。

雪ネタとは全く関係ないですが、今日のお昼は「ドカ弁」にしました。

いつものように玄米ご飯の間に鉄火味噌を挟み、メザシをトッピングしました。オカズは昨晩の残りモノのお揚げと菜っ葉のたきものとピッコロシェフ山中君手作りの白菜の漬け物です。

シンプルですが、メザシが美しい私好みの「ドカ弁」です。

へんこ社長男の料理「チキンライス」

昨日はピッコロモンドでクリスマスチキンを買って帰りました。

半身だけでしたが、二人と猫一匹🐈の夕食では残りましたので、今朝はチキンライスにしました。

ザクザクと切ったチキンをクッキングセサミオイルで炒めて、仕上げにへんこタレを加えました。

骨部分と生姜と味付けの塩でシンプルなスープを作りました。

へんこタレを使うことで、ムチャ美味なチキンライスになりました。「山田カリー」の次は「山田鶏飯」かな?

ドカベン へんこ社長

今日は朝から「俺の油」の胡麻入り作業です。

昨日、今日と一人飯なのに玄米を五合も炊いてしまいましたので、昼はご飯いっぱいのドカベンにしました。

中間にお手製の鉄火味噌(1)を敷いて、また上からご飯詰め込みました。

一昨日から食べ続けている野菜の煮物と舞鶴産のメザシ、梅干しがオカズです。

(1)お手製といいましたが、製造スタッフの曽我が一人で5時間以上かけて作ってくれた力作です。以前に中華の料理人だった彼なので、中華包丁は自在に操り、鉄火味噌の材料である根菜類を短時間でみじん切りしていました。私がやれば彼の10倍以上の時間がかかることでしょう。


男の料理「風邪の」へんこ社長

久しぶりに風邪をひきました。最近ビジネススクールに通って少し賢くなった証拠かもしれません???
今日は朝早くから「俺の油」の胡麻炒り作業をしましたが、早目に帰らしてもらって昼ご飯は家で食べました。昨晩の豚の水炊きで雑炊を作りました。
出来上がったのは「ブラック雑炊」です。黒ねり胡麻とラー油、生姜の身体温め三品を大量に投入しました。
食べると身体の内部からポカポカしてきます。身体温め連合軍が風邪菌に攻勢を仕掛けているようです。
ちょっと体が楽になってきたので、ビジネススクールの課題レポートを仕上げます。

へんこ社長 男の料理「なんでも練り胡麻」

なんとかの一つ覚えである「山形だし風」を昨晩も大量に作りました。そのだしを今朝は温かいうどんにトッピングしました。冷蔵庫で一晩寝かしただしなので、うどんがもっと冷めるかと思いましたが、夏場ならちょうどよい温かさになって食べやすかったです。また、練り胡麻を大量にかけましたが、私の体調維持には欠かせない製品です。あらゆる料理に練り胡麻をかけて食べてる私のお肌はツルツルです!