へんこ社長男の料理「炊き込みご飯」

昨晩はバーミキュラ鍋で、鳥のもも肉とジャガイモ、人参、トマトをたっぷりのクッキングセサミオイルで炒めて、一緒に蒸焼きしました。

これはワインにピッタリの一品です。

今朝は昨日の残りをパエリア風の炊き込みご飯にしました。

薄い味付けだったので、胡麻塩をふりかけて食べました。

クッキングセサミオイルに胡麻塩と、我ながら山田製油の製品は美味しいです!

ごま油で~お餅アヒージョ

きょう1月15日は小正月。

お正月の行事も、小正月をもって終わりと考えられています。
15日の朝に 小豆粥を食べる、という食習慣がありますが、
邪気を払い、今年一年の健康を願うのです。
(小豆粥についてはこちら→ http://kyo-no-obanzai-na-ni.doorblog.jp/archives/7045208.html)

京都では、鏡開きが1月15日、というところも多いようです。
鏡開きは、地域差があり、1月11日(おもに関東)
あるいは、1月20日(おもに関西)
1月4日、というのも聞いたことがあります。
日は違えども、神様にお供えしたお餅を、無病息災を祈っていただきます。

お餅は、長くのびて切れないことから、長寿を願う意味もあって
お正月にいただくようです。

切り餅が普及した今でも、お正月のお餅はついたものを
用意する、というご家庭も多いと思います。

ついたお餅は、常温はもちろん、冷蔵していても
数日でかびが生えます。
冷凍しておけば大丈夫ですが、家庭の冷凍庫では、
1ヵ月以内に食べないと、風味や味が落ちてしまいます。

さて、きょうは、お正月のお餅で
アヒージョを作ってみました。
外側はカリッと香ばしく、中はとろっとしたお餅、
ごま油の香りと風味をまとって、とっても美味しく
おつまみ感覚でいただけます。

すりおろしたかぶを添えると、さっぱりいただけ、
さらに、かぶに含まれる消化酵素がでんぷんの分解を助けてくれ、
ビタミンも摂れます。

一緒に海老を入れましたが、
お好みで、たこ、牡蠣などの魚介も美味。
マッシュルームや生椎茸などきのこを入れても
美味しいです。
是非、おためしください。

◆ごま油のお餅アヒージョ
【材料】(約2人分)
・くっきんぐさせみおいる、白ごま油 各適宜
・にんにく1かけ
・塩 小さじ1/2
・餅 2~4個
・海老 4尾
・小かぶ 1個
・醤油 少々
【作り方】
1.海老は、殻をむいて背ワタを取っておく。
2.餅は食べやすく切る。(切り餅は8等分、丸餅は放射状に6等分くらい)
3.にんにくは薄切りにする。小かぶはすりおろす。
4.小鍋に、くっきんぐせさみおいるを入れ(深さ3cmくらい)、ごま油も足し、にんにく、塩を入れて弱火で加熱。香りが立つと、1と2を入れて弱火で煮るように揚げる。
5.かぶのすりおろし、醤油を添えていただく。


※ お好みで鷹の爪も加える(にんにくとともに焦げる前に上げる)
※ ごま油の香りと風味をたっぷり楽しみたいときは  全部 白ごま油を使ったり、
また金ごま油をたしても… お好みで、くっきんぐせさみおいるだけでも…。

【今回使用したのはコチラ】

白ごま油275
(白)ごま油

cooking sesami oil

くっきんぐせさみおいる

皆様のお越しをお待ちしていま~す!(立川伊勢丹・千葉そごう・博多大丸)

皆さんこんにちは。いつもご愛顧くださり誠にありがとうございます。

本日より3都市同時開催にて催事に出店いたしております。期間中はへんこ山田が自信をもっておススメする【胡麻豆腐】と【ごま佃煮】が初登場です。

 

昨年秋より販売をスタートした【胡麻豆腐】は、『濃厚でとっても美味しい‼』との嬉しいお声を頂戴しております。 じっくりゆっくりと石臼で挽いた濃厚でなめらかな練りごま吉野葛塩岩だけのシンプルな材料で作るからこそ、ごまの風味がしっかりと感じられる職人も納得の仕上がりです。

●立川伊勢丹

会期:1月10日~1月15日 7階催物場にて

(午前10時から午後7時まで 最終日は午後5時閉場)

●千葉そごう

会期:1月10日~1月17日 6階催事場にて

(午前10時から午後8時まで 最終日は午後5時閉場)

●大丸福岡天神店

会期:1月10日~1月17日 本館8階催場にて

(午前10時から午後8時まで 最終日は午後5時閉場)

 

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

是非、お立ち寄りくださいませ。

【ゴマクロサロン】明日よりスタート!月・火は【 山田カリー 】

ゴマクロサロンの冨士本です^^
新年、明けましておめでとうございます。
今年も山田製油・ピッコロモンドヤマダ・ゴマクロサロン共々
どうぞよろしくお願いいたします。
さて、ゴマクロサロンからお知らせです!!

ゴマクロサロンでは
1~3月の月・火曜のカフェメニューが

【 山田カリー 】に!!

 

いよいよ明日よりスタートです^^

 

【 山田カリー 】のコンセプトは

 思いやり・わかちあい

~味はシェフが創る、価値は関わる人が創る~

 

山田カリーを通して、

就労支援・地産地消・人と地域の連携に、ごま屋がチャレンジします!

 

『ベースは当社が作ったスープカリー。
そこに、調理~提供までが簡単にできるシステムをつくり、
新しい就労支援のあり方に挑戦します。

例えば、支援だけに頼らず、自立運営を目指す全国の就労支援型作業所さんたちと一緒に、上記のシステムを全国で展開したいと考えています。

使うお野菜は、その地域の旬の食材。

人と地域が連携した、新しいスタイルのビジネス。
当社理念「世のため、人のための食品作り」にも当てはまります。
「山田カリー」には、人々の夢と可能性を込めています。』

 

それがへんこ社長の想いです。

 

そんな想いが詰まった『山田カリー』
ぜひゴマクロサロンでもお召し上がり下さいね◎

皆様のご来店、心よりお待ちしております!

 

 

※※ 【 山田カリー 】in gomacro Salon 営業時間  ※※

1~3月/毎週 月・火曜日
11:00~19:00(ラストオーダー 18:00)

 

 

※※ 【 山田カリー 】facebookページ ※※

https://www.facebook.com/yamada.curry.kyoto/

ぜひ「いいね!」ボタンをお願いします☆

七草粥~ごま風味

あけましておめでとうございます。

少々遅い新年のご挨拶になりましたが、
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年も、ごま油やごま製品を使ったいろんな献立を
紹介していきたいと思っております。
皆様のご参考になれば幸いです。


さて、
きょうは、一月七日、
七草粥をいただく日です。

一月七日は五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」
中国で唐の時代、この日に七種類の若菜を入れた汁物を食し、
無病息災を願ったという風習が、奈良時代の日本に伝わり、そこへ
若菜を年初に摘む日本の風習や、七種の穀物で粥を作る食習慣が結びつき、今の「七草粥」につながったようです。

年末年始のご馳走に疲れた胃腸を労わって、
あっさりと消化がよく、青菜の栄養もとれる、という効用のある
七草粥は定着していったのでしょう。

春の七草は、
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ。

せりは、香りのよい野菜のせり(芹)。
なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざの四つは、
かつては野菜とされていたようですが、今では雑草。
すずなはかぶ。すずしろは大根のことです。

スーパーなどで、七種がセットになったものが売っているので、
それを使ってもいいのですが、私は、野菜としておなじみの三種、
せり、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)を使っています。
(七草粥に使った後も、いろいろな献立に利用できるので、
 効率がいいですし…)

七草粥に 焼いたお餅を加えると、香ばしい風味が加わり、
ボリュームも出て、美味しくなります。

そして、仕上げにすりごまとごま油を加えることで
香りよく、コクのあるお粥になります。

今年の人日の節句は日曜日、
無病息災を願って、七草粥をゆっくりといただきましょう。

◆ 七草粥
【材料】(4人分)
・米 2/3合(約100g)
・水 4カップ、 
・餅 4個、 
・大根(葉と根) 各少々、かぶの葉 少々、せり 少々
(合わせて 約100g)
・塩 少々、
・白すりごま、ごま油 各適宜

【作り方】
1.米をといで、水と土鍋(厚手の鍋)に入れて、20~30分浸水し、火にかけて、沸騰したら弱火で30分ほど炊く。

2.炊いている間に、大根(根)を薄切りに、大根葉とかぶら葉はさっとゆで細かく切る。せりも1cm弱に切る。餅はこんがり焼く。
3.1に大根(根)を入れて、やわらかくなると、焼いた餅も入れ、一煮する。
4.大根葉とかぶら葉、芹、塩を入れてさっと混ぜてふたをして火を止め、少し蒸らす。
5.すりごまを散らし、ごま油をたらしてどうぞ。

【今回使用したのはコチラ】
白ごま油275
(白)ごま油 


すり白
すりごま(白)

七草粥~ごま風味

あけましておめでとうございます。

少々遅い新年のご挨拶になりましたが、
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年も、ごま油やごま製品を使ったいろんな献立を
紹介していきたいと思っております。
皆様のご参考になれば幸いです。


さて、
きょうは、一月七日、
七草粥をいただく日です。

一月七日は五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」
中国で唐の時代、この日に七種類の若菜を入れた汁物を食し、
無病息災を願ったという風習が、奈良時代の日本に伝わり、そこへ
若菜を年初に摘む日本の風習や、七種の穀物で粥を作る食習慣が結びつき、今の「七草粥」につながったようです。

年末年始のご馳走に疲れた胃腸を労わって、
あっさりと消化がよく、青菜の栄養もとれる、という効用のある
七草粥は定着していったのでしょう。

春の七草は、
せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ。

せりは、香りのよい野菜のせり(芹)。
なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざの四つは、
かつては野菜とされていたようですが、今では雑草。
すずなはかぶ。すずしろは大根のことです。

スーパーなどで、七種がセットになったものが売っているので、
それを使ってもいいのですが、私は、野菜としておなじみの三種、
せり、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)を使っています。
(七草粥に使った後も、いろいろな献立に利用できるので、
 効率がいいですし…)

七草粥に 焼いたお餅を加えると、香ばしい風味が加わり、
ボリュームも出て、美味しくなります。

そして、仕上げにすりごまとごま油を加えることで
香りよく、コクのあるお粥になります。

今年の人日の節句は日曜日、
無病息災を願って、七草粥をゆっくりといただきましょう。

◆ 七草粥
【材料】(4人分)
・米 2/3合(約100g)
・水 4カップ、 
・餅 4個、 
・大根(葉と根) 各少々、かぶの葉 少々、せり 少々
(合わせて 約100g)
・塩 少々、
・白すりごま、ごま油 各適宜

【作り方】
1.米をといで、水と土鍋(厚手の鍋)に入れて、20~30分浸水し、火にかけて、沸騰したら弱火で30分ほど炊く。

2.炊いている間に、大根(根)を薄切りに、大根葉とかぶら葉はさっとゆで細かく切る。せりも1cm弱に切る。餅はこんがり焼く。
3.1に大根(根)を入れて、やわらかくなると、焼いた餅も入れ、一煮する。
4.大根葉とかぶら葉、芹、塩を入れてさっと混ぜてふたをして火を止め、少し蒸らす。
5.すりごまを散らし、ごま油をたらしてどうぞ。

【今回使用したのはコチラ】
白ごま油275
(白)ごま油 


すり白
すりごま(白)

あけましておめでとうございます!:なかい

2018年。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の幕明け。
いつもは実家で新年を迎えるのですが、今年はちょっとした思い付きで初日の出を見に行きました。

年末恒例の友人実家(寺)での鐘つき&新年会を終え夜中3時頃に京都を出発。
目指すは三重県伊勢湾。
早朝に到着し見た朝日がこちら。

初日の出。
いいものですね。
潮風がとても冷たかったですが、そんな事を忘れさせてくれる素敵な朝日でした。
家族が揃ってこうして新年を迎えられることに感謝し、また新しい1年を精一杯頑張りたいと思います。

皆さま。
今後とも「山田製油」「ゴマクロサロン」「ピッコロモンド・ヤマダ」どうぞよろしくお願いいたします。
良いお正月をお過ごしくださいませ。

ちなみに、我が家の3男は朝日を見ずに夢の中。。。

カリッと香ばしごまめ

今年も残りわずかとなりました。
お正月を目前にして、大掃除やお正月の準備の買い物、
おせち料理の用意、等など
忙しくされている方が多いことでしょう。


おせち料理といえば、何がお好きでしょうか。
最近の好きなおせちアンケートによると、
数の子、栗きんとん、伊達巻、が人気の上位を占めるよう。
なるほど、酒の肴になりそうな数の子。
子どもや女性に人気の栗きんとんや伊達巻。
頷けますね。

つづくのは、黒豆、ローストビーフや、昆布巻きなどだそう。
ローストビーフ?!
…もともとおせちにはないものですが、
大勢が集まるお正月に、豪華で美味しく人気の献立、
ということで、お正月にいただくことが多いのでしょうか。

おせち料理は、基本、お重箱につめますが、それは
めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだもの。
そして新年を迎えるにあたって、色々な祈りをこめたお料理を詰めるのです。

お重箱の中は、五穀豊穣や子孫繁栄、不老長寿などを願って、
さまざまな海の幸、山の幸が盛り込まれています。

●数の子
にしんの卵である数の子。一腹にたくさんの卵がつまっていて
卵の数が多いところから、子宝に恵まれ、子孫が繁栄することを願って。
●黒豆
黒は邪気を祓って不老長寿をもたらしてくれる色。また、
黒く日焼けするほどまめ(まじめ)に働き、まめ(健康)に暮らせるよう、
無病息災を願って。
●たたきごぼう
豊作の時に飛んでくるタンチョウに色形が似ていることから、
豊作を祈願する縁起物。また、ごぼうは地中深くに根を張ることから
家族の安定を願って。
●ごまめ
カタクチイワシを肥料にしたら五万俵の米が収穫できた、という話に由来。
「ごまめ」は「五万米」。「田作り」の名とともに豊年豊作を願って

関西では、このうち…数の子、たたきごぼう、ごまめ。
関東などでは、数の子、黒豆、ごまめ。
(こちらの方が多いかもしれません)

それぞれ、三種の祝い肴とされていて、
この三つの祝い肴があれば、おせちの形が整う、 と言われています。

この中で、きょうは、ごまめをご紹介いたします。
ごまめは、我が家では人気のおせち。
あっというまになくなることもあります。

ときどき、固くなる、とかパリッとしない、という声を聞きます。
作り方の基本は、フライパンで弱火でじっくり乾煎りして、
醤油・酒・砂糖・みりんを煮詰めたところにからめる…

乾煎りは、20分ほど気長にすると、
簡単にぽきっと折れるようになります。

が、20分は結構長いし、目を離すと焦げます。
そこで、おすすめのつくり方は「さっと揚げる!」です。
少な目の油で、160℃くらいの弱めの火で1分強。

そのままでもパリッと香ばしく美味しいです。
甘辛醤油でからめるほか、カレー粉やお好みのスパイスをふりかけたり、
ナッツを合わせたり・・・
作りながら、お味見の手がとまらなくなることもあります。

是非おためしください。

さて・・・
今年一年間、「今日(京)のおばんざい、なぁに。」を
お読みいただき、ありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2018年が佳き年となりますように。
皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

◆ ごまめ3種
【材料】
ごまめ 50g
くっきんぐせさみおいる 適宜
A【しょうゆ・砂糖・みりん・酒 各大さじ1】
アーモンド(スライスと縦切り) 適宜、
白炒り胡麻 大さじ1
カレー粉などお好みのスパイス

【作り方】
1.くっきんぐせさみおいるを鍋に入れ160℃に熱する。(深さ1cm弱)
2.ごまめを入れて1分強、揚げる。(一度に全部入れず、何度かに分けて揚げる)
3.アーモンドもさっと揚げる。
4.Aを小鍋に入れて中弱火で熱し、とろみがつくと、ごまめ(半分)とアーモンドスライス、白ごまを入れてからめてすぐ火を止めて、クッキングペーパーの上に広げて冷ます。
         (泡がぷくぷく出て 煮え詰まりつつある状態)
5.残りのごまめは、カレー粉をまぶしたり、好みのスパイスとナッツを合わせたり~お好みでどうぞ。

※ ナッツは、アーモンドのほかくるみ、松の実など、お好みのもので。

【今回使用したのはコチラ】

cooking sesami oil

くっきんぐせさみおいる

いり白
炒りごま(白)

 

【ゴマクロサロン】”山田カリー”がゴマクロにも!!

ゴマクロサロンの冨士本です^^

2018年より、gomacroカフェメニューがプチリニューアル予定!!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

毎週月&火曜日は

【“山田カリー”の日 】として営業いたします

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

毎週水曜日に、桂の『ピッコロモンド・ヤマダ』にて営業している【 山田カリー 】

精進出汁とお野菜のみで作った、くつくつのスープカリーに
季節のお野菜がごろごろ◎


スパイシーな辛さの中にも、お野菜の旨みがギュギュっと詰め込まれている、一度食べると癖になる逸品!

ぜひぜひお召し上がりにいらして下さいね^^

 


■ 詳しい営業日や、山田カリーのコンセプトなどは年始にお知らせいたします ■

<山田カリーfacebookページ>
https://www.facebook.com/yamada.curry.kyoto/?ref=br_rs
↑↑
『いいね!』『フォロー』お待ちしております!

【桂本店】年末年始のお知らせ:ハヤカワ

 

いつもご愛顧賜り誠にありがとうございます。

桂本店は年内12月31日(日)16:00迄営業、

年始は1月5日(金)10:00より通常営業いたします。

また、毎年人気の福袋もまだまだご準備できますので、お手土産品などにぜひどうぞ!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。