芒種 ごま風味梅じゃこ炒飯

きょうは、二十四節気の「芒種」です。

芒種の「芒」は、見慣れぬ字ですが、
芒(のぎ)と読み、
稲や麦など穀物が実ったときに、その先端にある棘のような突起のことです。

麦の穂が実り 収穫期となって刈りとったり、
稲の苗は、田植えの時期を迎えたり…と
穀物の大事な作業をする目安とされている頃が芒種です。

日本人にとって、稲作はとりわけ大切な行事。
さかのぼれば、はるか縄文の頃に、その痕跡をとどめているよう。
田植えは、田楽・御田植祭などのような芸能にも結び付いており、
芒種は、米を主食とする私たち日本人に深く関わっています。

この時季の田植えの終わった田んぼ、
ほっとする 私たちの原風景ではないでしょうか。

015___

さて、
このころ、というと、
ちょうど梅雨に入る時季でもあります。
昨日今日で、九州から関東までのあちこちで
梅雨入りが発表されました。

急に蒸し暑くなり、じめじめと過ごしにくくなって、
食欲が落ちることもあります。

そんなときにぴったりの、ちょっとさっぱりした、
梅干し入りの炒飯をご紹介します。

梅干しの酸味、青じその爽やかな風味に、
ごまの香りとコク、かつお節の風味があいまって、
食欲そそる一皿です。

カルシウムたっぷりのちりめんじゃこは、味が出るので、
調味料がほとんどいらないくらいです。また、梅干しと一緒に食べることで
カルシウムが体内へ吸収されやすくなるのも嬉しいです。
是非作ってみてください。

007_

◆ごま風味 梅じゃこ炒飯
【材料】(2~3人分)
   ご飯 茶碗2~3杯分、 梅干し 大2個、 ちりめんじゃこ 大さじ3~4
   ごま油 大さじ1強、 細切り塩昆布 少々、 細ねぎ 3本、
   醤油 少々、 白すりごま 大さじ2強、 削りかつお 1パック、 

【作り方】
   1.梅干しは種をとり包丁でたたく。ねぎは小口切りにしておく。
   2.フライパンにごま油(大さじ1)を熱し、ちりめんじゃこを炒める。
   3.ご飯も入れ炒め合わせ、パラパラほぐれると、梅干し、塩昆布を
     加え、全体になじますように炒める。
   4.醤油を鍋肌からまわしいれて、ねぎ、かつお、すりごま(大さじ2)を
    加えて味を調え、ごま油を少々回し入れて火をとめる。
   5.器に盛って、細くちぎったしそとすりごまを混ぜて、散らす。

  ※ 細切り塩昆布があれば、お醤油はなしでもOK。細切り塩昆布がなければ
   お醤油の量をお好みで調節してください。

【今回使用したのはコチラ】
白ごま油275
(白)ごま油 

     

すり白
すりごま(白)

よろしくお願いします!:岩田

この度4月から新卒で入社しました岩田です。
よろしくお願いします。

初めてブログを書きますので
私の自己紹介を(o^^o)

1993年9月25日生まれ
島根県出身です。
趣味はゴルフ、バスケです。

I love 島根💖 で島根県大好きです。
魚や赤天が名物です。
赤天はお酒のつまみにも抜群なので食べてみてください。

自然も綺麗でマイナスイオンたっぷり取れます。

伝統芸能のとして石見神楽というものがあり、お祭りごとに神様への奉納として舞われています。
祇園祭りでも舞われているので是非見てみてください。

金光味噌さん見学に行ってきました:小林

へんこブログをご覧の皆様、小林です。
先日、御縁があり広島県府中市にあります金光味噌さんへ見学に行ってきました。

府中市は中国山地の豊かな自然に恵まれており、水が美味しい地域。そんな環境の中で丁寧に作られる味噌。

144年大事に使われている味噌樽。


地下水によって蔵内は20°C前後に保たれます。
ゆっくり時間をかけ作る味噌づくりの工程。改めてその大事さと昔ながらの製法の大変さ、大切さを感じることができました。

その後は町屋cafe&dining恋しきでお昼ご飯をいただきました。ここは明治五年創業で、登録文化財だそうです。


金光味噌さんのお味噌を使ったお料理をいただきました。
金光社長、専務にたっぷりお世話になってしまいました。ありがとうございました!またお邪魔します(笑)

ごまの香りが決め手の海苔巻

先日、初めて、キンパを食しました。
キンパ、とか、キムパブとかいうそうですが、
キム=海苔、バブ=ご飯の意味で、
韓国風の海苔巻きのことです。

具を中心にご飯と海苔で巻く、というところは、
日本の海苔巻きと同じ、なので、見た目は日本の海苔巻きと
そっくりです。

それもそのはず、日本の海苔巻に由来し、だんだん韓国独自の味に
なっていったようです。

そして、そっくりの見た目と違って、味や風味はけっこう違います。
決定的に違う点は、ご飯です。
日本の海苔巻きは、お寿司の一種であり、
ご飯=寿司飯=酸味のあるご飯。
家庭によっては、かなり甘みもあるかもしれません。

一方、韓国風の海苔巻きのご飯は、たいてい、
ごま油と塩を混ぜ込んだもの、全くすっぱくなく、
ごまの香りが香ばしいご飯です。

酸味のない海苔巻き、というのは、
お寿司の海苔巻きしか知らなかった私には、
衝撃的で新鮮でした。

酸っぱいものが苦手なお子さん(大人も)
キンパならきっとお箸が進むでしょう。

ちなみに、ごま油が入っているおかげか、
キンパは、冷めてもかたくなりにくい、というところも嬉しいです。
そして、具は、ナムル(ごま油と塩で味付けしたゆで野菜)など
野菜たっぷりでヘルシー。
あと、卵焼き、牛肉のしぐれ煮やそぼろ煮のようなもの
が入ってボリュームもあり。

野菜は、にんじん、えんどう豆のほか、ほうれん草、春菊、ピーマンなど
旬のもの、胡麻和えに合う野菜なら何でもいけます。

昔ながらの日本の海苔巻き…甘辛く煮つけた干瓢やしいたけ、
卵焼き、みつば、かまぼこ…といった具の伝統的な巻き寿司を
受け継ぎながら、一味違う海苔巻き キンパの味も
ときどき作っていきたいものです。

032_

◆ごまの香りが決め手! キンパ(韓国風海苔巻)
【材料】
   ご飯 1合分(約300g)、 海苔(全形) 2枚
   A【塩 少々、 金ごま油 小さじ1弱、 白炒りごま 大さじ1】
   牛肉こま切れ 70g、 卵 1個、 にんじん 1/2本、
   スナップえんどう(絹さや) 約10本、生姜 1かけ、
   金ごま油・白すりごま・塩・酒・みりん・醤油 各適宜
【作り方】
   1.ご飯にAを混ぜておく。
   2.卵は塩・みりん各少々を混ぜておく。フライパンにごま油少々を
     熱したところに入れて、大きくお箸をまぜて炒り卵にする。
   3.2のフライパンにごま油少々、牛肉を入れ色が変わると、
    酒・みりん・醤油(各大さじ2/3くらい)をからめ、水分をとばす。
   4.にんじんの細切り、スナップえんどうは歯応えを残してゆでる。
     スナップえんどうも細切りにし、それぞれ、みりん、塩、
     白すりごま、金ごま油 各少々を混ぜておく。
   5.海苔をさっと炙り、まきすにのせる。海苔の手前は1cmくらい、
     向こう側を3~4cmあけて1のご飯を薄く均一に広げる。

014

    2、3、4の具をまん中より少し手前にのせて、具の手前のご飯を
    具の向うのご飯に重ねるようなつもりで、まきすごとぐるっと一巻き
    する。そのままぐるっと巻き、しっかりと巻く。
   6.そのまま10分ほどおいて、全体をなじませてから切り分ける。

   ※ 海苔の黒、ご飯の白のほか、4色―赤、黄、緑、茶色が
    具に入っていると、彩りがいいです。
    赤=にんじん、赤ピーマン
    黄=卵、コーン、たくあん
    緑=青菜、えんどう豆類、きゅうり、オクラ等など…

【今回使用したのはコチラ】                                   

金ごま油290
金ごま油


すり白
すりごま(白)

 
いり白
炒りごま(白)

機械の整備:川島

製造をしていると機械の整備はつきもので簡単に行えるものから大がかりなものまであります。

今回の整備は油を搾る機械の整備!
摩耗した部品の交換を行うので作業を見させてもらいました。
{1A353322-D232-47D2-8196-C443D60770CF}

焙煎されたゴマに圧力をかけて搾るのでひとつひとつの部品が鋳物で頑丈にできています。

{9DFA11E8-0D02-4935-A485-897AF99B348A}

{0C1A8507-FA2E-4D1B-A38A-977852268336}

分解していくと要の部品が出てきます。

このスクリュー部分には大きな摩擦と負荷がかかるので、硬いステンレスでできていますが半年もたつと摩耗して細くなっていきます。
{EA5D3E17-CFD3-4629-9E6F-B8157AD1B5FA}

細くなると隙間ができて搾れなくなるので新しい部品へと交換です。

このスクリュー1本でも20キロほどの重さがあるので作業は2人で行っていきます。
全ての部品を分解して、こびりついたゴマのカスをブラシで掃除していき、もうひとつの要の部品を整備していきます。
{7240E89E-D795-482D-BD35-B4CAF1CDE468}
これは見ていて難しそうでした。
少し台形になっている鉄の棒をバラして、新しい鉄の棒をはめていきます。
少しでもズレるとその部分に負荷がかかるので、慎重に取り付けていきます。
最後に全ての部品を組み上げて完了です。
次回の整備はまた半年後なんですが、その時は自分で整備してみます。
半年後なので今回の記憶が残っているか分からないですが思い出しながらやってみます。
カワシマ

赤くて辛い:曽我

こんにちは!

胡麻を使った色んな物作ってるソガです。
今回はラー油のお話。
山田製油のラー油は、ごま油100パーセントの香りが高い『ごまらー油』です!
毎週金曜日はほぼラー油を仕込んでいます。
寸胴と言われる両手で簡単に持つことができるくらいの小さな鍋を数個並べて少しずつ仕込んでいます。
もう夏も間近なので、ラー油を仕込むと部屋の温度は50度近くになることもあります囧rz
毎週無料のサウナを楽しんでいます(=゚ω゚)ノ
山田製油のラー油には色んな野菜やスパイスが入っています^o^
野菜やスパイスにはそれぞれ、一番良い温度帯があります^ – ^特に野菜は季節や産地によりベストな温度帯が変わります。その温度帯をしっかり見極めれるよう少しずつ作ってるのです。
少量ずつ作られる香り高いラー油は、一度食べるとやみつきになります!!
{E5EC67F9-573E-4DF9-A2BF-A27B78497F9A}

倉敷ぶらぶら:冨士本

販売部のフジモトです(・ω・)

先日、日帰りで岡山に行ってきました

倉敷に行き、有名な美観地区をぶらぶらと。。

{267DA9B2-73A1-416D-8266-D5E4CD4521A3}
{98240962-8B62-428B-B799-6F5E7C88E814}
{59DF1037-A969-4F24-90B4-CE6C8A4E718A}
{8A1E0474-A294-4A4E-9D74-89C274105CCD}

どこを見てもとっても絵になるところばかりだったので

カメラを忘れたことを激しく後悔…( ;∀;)iPhoneで頑張ってぱしゃぱしゃと撮りました!

ぶらぶらしていると、わいわいと賑わっているお店を発見。

{698132E1-2500-4CD4-8494-22651A5DC532}

おいしいものブティック平翠軒さん!

{823F4216-9362-4DF2-BAE3-0577A798636C}

中には全国各地のおいしそうな食品が所狭しと並んでおりました。

その中には、うちの製品も!(ありがとうございます!)

お客さんがいっぱいだったので中の写真は撮れずでしたが

目移りするぐらい魅力的な商品がたくさんありました。

皆様も倉敷にお越しの際はぜひお立ち寄りください(^^)/

ごま風味 だしじゃこのマリネ

五月も下旬となりました。
五月晴れを通りこして(?)、夏を思わす太陽が
燦々と輝く今日この頃です。

風薫る…、新緑が美しい…、青葉若葉…などと、
明るく爽やかなイメージの五月ですが、
五月病…という、マイナスイメージの言葉があるように、
五月は、心身の調子をくずしやすい時季でもあります。

新年度が四月から始まって、新しい職場、学校などに
なかなか馴染めないこともあるのでしょう。

環境や人間関係はなかなか変えられませんが、
「食」をちょっと見直すことは、心身の調子をととのえるのに、
なかなか効果的なようです。

ビタミン豊富な旬野菜、上質のタンパク質を含む豆類、
身体によさそうな食材は、いろいろあります。

中でも、だしじゃこは、注目すべき食材です。
「だしじゃこ」
ほかに呼び名は、煮干し、いりこ等、地方によってもいろいろ。
小魚を煮て乾燥させたもので、主にだしをとる材料として使わていて、
カタクチイワシ等イワシで作ったものが一般的です。

なにより、小魚 丸ごとなので、カルシウムがたっぷり摂れ、
ほかにも鉄分などミネラルを多彩に含み、栄養豊富です。

カルシウムが不足すると、骨や歯が弱くなる上、
神経過敏になってイライラしがちになり、また
鉄分が不足すると、貧血になるだけでなく、
やる気や集中力が出ない、何となくだるい眠い…
といった症状が起こりがちです。

精神面の安定のために、だしじゃこはとても効果的です。
それだけでなく、骨粗鬆症や貧血の予防、肥満防止、美肌効果、
脳の活性化、生活習慣病の予防・・等など嬉しい効果がいろいろ!
是非積極的に摂りたいものです。

お味噌汁や煮物など、だしをとるのはもちろんですが、
野菜と合わせてマリネにしてみてはいかがでしょう。
噛むほどに味わいのあるだしじゃこと、甘酢っぱいマリネ液や野菜が
よく合い、味わい深いひと皿です。

野菜と一緒に食べることで、だしじゃこのカルシウムや鉄分が
身体に吸収されやすくなり、そして、
ごま油やすりごまを加えることでさらにカルシウムや鉄分を強化され、
美味しさも大きくアップ♪
是非おためしください。

014_

◆だしじゃこのマリネ
【材料】
   だしじゃこ 約30匹、 酒・薄力粉 少々、 ごま油 適宜
   長ねぎ 1本、 にんじん 小1本、
   A【酢・だし 各50cc、砂糖・醤油 各小さじ2、塩 少々、
     みりん小さじ1】
   すりごま 大さじ1~2、
   青味(ゆでたスナップえんどうや三度豆、水菜など)適宜
   
【作り方】
   1.だしじゃこの頭と内臓を取り除き、酒をふりかける。
   2.長ねぎは、少量を白髪ネギにし、残りは細切りにする。
     にんじんも細切りにする
   3.Aを鍋に入れて、さっとひと煮立ちさせ、2を入れて火を止める。
   4.フライパンに約1cm深さのごま油を入れて熱し、うすく薄力粉を
     まぶした1をさっと揚げ、3に浸す。
   5.器に盛り、上に白髪ネギを盛り、すりごまを散らす。

   ※ 4で30分程おくと、味がなじみます。
     4の状態で、2~3日冷蔵保存できます。

   ※ 揚げるかわりに、炒っても美味しいです。
     炒る場合は、マリネ液にごま油を足すと、コクのある味になります。

【今回使用したのはコチラ】
白ごま油275
(白)ごま油 
                  


すり白
すりごま(白)

 

流石!身内自慢(^^):千裕

ゴマクロサロンから商品化した

「ごまドレッシング」
くっきんぐせさみおいる&練りごまがベースな
無添加ど直球、まっすぐなドレッシング(^^)
商品化はゴマクロのお客様からのリクエスト。
だからサロンでは自信を持ってオススメして
いるドレッシング。
しかし~!更には
このところサロンで味見がてら食するごまドレ、
「なんかかえた?」
ドキリとするシェフ
「なんか前より美味しいやん!」
と、会話をした結果
「わからはりますか~?」
と笑顔のシェフ❣️
このところ、気温が上がってるんで
「配合を微調整してます!」
私の感覚ではあるものの、山中シェフの
心(プロ意識か?)には嬉しくワクワクです。
で、今日は持ち帰りほうれん草と和えました。
息子、完食!
{3C9D2A68-57D8-49A2-A94A-133246F0E47E}

そして、山中シェフが野菜出汁で下ごしらえ

してくれたたけのこをお家で若竹煮に(^○^)
{05D2438B-ACC2-4536-BC0D-6C29949213EC}

「思いと手間」

やっぱり食事には不可欠な材料です。
美味しいに決まってます!!
外食、中食、内食、ライフスタイル様々。
だから多忙な方にこそ、お家ご飯(内食)の時は
基礎調味料から思いで選択して、愛情という
手間をかけて身体にエナジーを(^○^)
仕事の話か食の話かプライベートな話か?
カテゴリーわけするなら、「生きる」の
カテゴリーです。