さつま芋のセサミ・スイート・グラタン

11月も下旬となり、陽射しもだんだんと弱まり、
紅葉も落ち葉が目立ってきました。
冷え込みも厳しくなってきて、秋というより 冬の気配が漂っています。

明日11月22日は、二十四節気の小雪(しょうせつ)
わずかながら雪がちらつき始めるころ の意味。
初雪の便りも聞こえる時季、暖かく過ごせるように
冬支度の準備をされた方も多いことと思います。
時節柄、風邪をひきやすいので、くれぐれもお気をつけください。

風邪予防に、大切なことはいろいろありますが、
まず、うがいと手洗いをしっかりすること。
ウィルスや細菌を 体内に入れないようにします。

それから、身体を冷やさないこと。冷えると体温が下がって体の免疫力が低下します。
足首、手首、首を冷やさないようにしましょう。とりわけ首。
太い血管が通る首を温めると全身があたたまります。

そして、十分な睡眠をとること。
睡眠不足は風邪に対抗する免疫の働きを弱めます。
出来るだけ規則正しい生活をして、睡眠負債を作らないように。

最後に、バランスの良い食事とビタミン補給!
つい忙しくて睡眠不足になったり、体が冷えたりしても、
食事でビタミン補給をすることで、免疫力が上げましょう。

ビタミンの中でも、特にビタミンCは免疫力を高める効果が高いです。
風邪予防には ビタミンC! と昔からよく聞きます。

ビタミンCといえば、野菜や果物。
レモンやいちご、パセリやブロッコリー等緑の野菜や赤ピーマン、
いずれもビタミンCの含有量が多いので、おすすめ食材です。

ただ、レモンのビタミンCは皮に多く含まれているし、また、
いちごは今は旬ではありません。
パセリは少量しか食べないし、
ブロッコリーなど緑の野菜のビタミンCは熱に弱く、水溶性で流出しやすいので、調理の際にはビタミンCを逃さないよう気を付けねばなりません。

意外なところで、ビタミンCが多いもの…
…それはさつま芋です!

100gあたりのビタミンCの量は特に多いわけではなく、
さつま芋より多い野菜や果物はたくさんあります。が、
さつま芋のビタミンCはでんぷん質に守られているため、熱に強く壊れにくいのです。
効率よくビタミンCを摂れるお勧めの食材です。

皮や、皮と実の間にビタミンやミネラルが多く含まれているので
皮も一緒に調理して食べると、さらに栄養価がアップします。

きょうは、さつま芋であたたかいスイーツを作ってみました。
ちょっと珍しい甘いグラタン。さつま芋の自然な甘さを生かし、
練りごまでコクをプラス。上に散らしたくるみとすりごまが
香ばしくて食欲をそそります。

ちょっと寒い日のおやつに、朝食に、
是非作ってみてください。

◆ さつま芋のセサミ・スイート・グラタン
【材料】(約4人分)
・さつま芋 (細め)3本
・牛乳 約2カップ
・塩 一つまみ
・白練りごま 大さじ2
・蜂蜜 適宜
・くるみ 30g
・くっきんぐせさみおいる 適宜
・白すりごま 大さじ2、
【作り方】
1.さつま芋は皮ごと厚さ4~5mmの輪切り(太いところは半月切り)にして、水にさらしておく。

2.鍋に1と牛乳、塩を入れて、吹きこぼれないように弱火で煮る。

3.柔らかく煮えると約1/3量をマッシャーでつぶし、練りごま、 蜂蜜を
よく混ぜ、煮た牛乳を少しずつ加えてグラタンソース位の柔らかさにする。

4.耐熱容器にくっきんぐせさみおいるを薄く塗り、柔らかく煮えたさつま芋をのせて3のソースをかける。

5.上から砕いたくるみ、すりごまを散らし、オーブントースター(グリル)で こんがり焼き色をつける。

※ 3でつぶすときに、しっかりつぶすと滑らかな食感に、粗くつぶすとカントリータイプの素朴な仕上がりになります。
※ 蜂蜜の量はさつまいもの甘みによって、お好みで加減してください。
※ 牛乳の代わりに豆乳を使っても…♪
※ お好みでシナモン、ナツメグなどの香辛料を加えても風味がいいです。

【今回使用したのはコチラ】

【練りごま(白)】

 

【すりごま(白)】

【くっきんぐせさみおいる】

 

へんこ社長「美味!新米」

バーミキュラでの炊飯の腕を最近上げてきた私です。

バーミキュラのマニュアル通りに炊飯すると、硬い目のご飯になるようです。

柔らか目がお好みなら、前日から長時間浸水しておいて、炊飯する前に山田製油のクッキングセサミオイルをタラ〜ッとかけると、ふっくらと艶よいご飯になります。

炊きたてご飯に胡麻塩が最高に美味しいです!

夜に炊飯しましたが、冷めても美味しいバーミキュラでのご飯です。

久しぶりにお弁当も作りました。

へんこ社長胡麻豆腐美味いよ!

長年の想いだった胡麻豆腐をやっとこさ製品化することができました。苦戦した一番の理由が日持ちしないことでした。しかしその弱点を逆手にとって、添加物等を一切使用していないこともアピールして、販売も本社売店とゴマクロサロン、社員が出張販売する百貨店催事だけとしました。

「今日、明日」に食べてもらわなければならない胡麻豆腐ですが、石臼挽きした当社自慢の香り高い練り胡麻をタップリ使用しています。

昨日はピッコロモンドでボジョレーヌーヴォーのお供にで食べましたが、塩を少しかけたシンプルな味がワインにも合いました。

今度、胡麻豆腐を塩麹で漬けてみようと考えています。

ブルスケッタ~ごま油を生かして

11月に入るとボジョレーヌーボーが話題になります。

ボジョレーヌーボーとは…
フランスのボジョレー地区で その年に収穫されたぶどうで作られた新酒
のことです。

11月の第三木曜(今年は11月16日)の解禁日を前に
フランスから続々とボジョレーヌーボーが到着したそうです。
11月ひと月で、年間のワインの輸入量のうちかなりの割合を
占めていると聞きます。

また、世界中に出荷されたボジョレーヌーボー、
その3割ほどが日本に来ている、とも聞きます。

日本でボジョレーヌーボーを楽しむ方は
思いのほか多いのですね。

さて、ボジョレーヌーボーは、ほとんどが赤ワインだそうです。
赤ワイン、といえば、かつて「フレンチ・パラドックス」で、
その健康効果が話題になりました。

「フレンチパラドックス」とは、
「乳脂肪の消費量が多いと心臓病死亡率が高くなる。しかし
フランスは乳脂肪消費量が多いのに心臓病死亡率が低い。
その理由は、赤ワインの消費量が多いからである」(!?)
という説で、これをきっかけに空前の赤ワインブームが起こり、
赤ワインの含むポリフェノールが注目を浴びました。

ポリフェノールには、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があり、
血液サラサラ効果、認知症の予防効果があると言われています。また、
赤ワインに含まれるポリフェノールは体内に吸収されやすいそうです。

ワイン好きの方に朗報ですね!
尤も、フレンチパラドックスには賛否両論あるようですし、
また、健康にいいとはいえ、ワインもアルコールなので、
摂り過ぎには注意しなければなりません。

飲み過ぎないように野菜、たんぱく質、炭水化物等などおつまみを
いろいろ(バランスよく)食べながら、
ほどよい量を楽しみたいものですね。

さて、きょうはワインに合うブルスケッタを2種  ご紹介します。
黒ごま油の力強い濃厚な香りを生かしたトマトのブルスケッタ。
そして、パンチェッタの風味を生かすため、くっきんぐせさみおいるを使ったブルスケッタ。

それぞれのごま油の特徴を生かした2品です。

ワインのお供だけでなく、
軽食やブランチにもぴったりです。
是非作ってみてください。

◆ごま油でブルスケッタ2種
【材料】
・バゲット 1本
・黒ごま油 大さじ1強
・塩、こしょう 各適宜
・レモン汁 少々
・トマト(小さめ)1個
・クリームチーズ 30~40g
・削り節 1パック
・青味(バジル、大葉、セロリ、スプラウト等) 少々
・くっきんぐせさみおいる 大さじ1強
・にんにく 1/2かけ
・パンチェッタ(ベーコン) 3~4枚
・しめじ 1/2パック
・玉ねぎ 1/8個
・塩、こしょう、醤油 各適宜

【作り方】
■ トマト・ブルスケッタ
1.トマトはさいの目切りして、塩こしょう、黒ごま油(大さじ1)、レモン汁をかけ混ぜておく。クリームチーズはさいの目切りにしておく。

2.バゲットは約1.5cm厚さに切り、切り口に黒ごま油を塗り、
オーブントースター(グリル)で香ばしく焼く。

3.バゲットの上に、1のトマトとクリームチーズ、削り節を混ぜて
のせる。(上に青味を散らす)

■ きのことパンチェッタのブルスケッタ
1.玉ねぎは薄切りに、しめじはほぐし、パンチェッタは1㎝幅に切る。

2.バゲットは約1.5cm厚さに切り、切り口にくっきんぐせさみおいるを塗り、 にんにくの断面をすりこみ、オーブントースターで香ばしく焼く。

3.くっきんぐせさみおいる(大さじ1)で、玉ねぎ、しめじ、ベーコン
を炒めて、塩・こしょう・醤油で味を調え、2の上にのせる。

※ クリームチーズは使い切りのミニタイプが便利です。ナイフにくっきんぐせさみおいるを薄くぬってから切ると、チーズがくっつきにくく、切りやすいです。

【今回使用したのはコチラ】
黒ごま油                くっきんぐせさみおいる

【桂本店】冬のギフトシーズン始まりました:ハヤカワ

冬のギフトシーズンが始まりました!

年末のご挨拶にはもちろん、お祝い事やお手土産などなど

当社スタッフおすすめのギフトセットはお得な10%offでご購入いただけます。

小さなお手頃サイズのものや、オリジナルの詰め合わせもできますので

予算に合わせてお選びいただけます^^

また、通販で販売している「とろとろ湯葉と京野菜の鍋セット」は

桂本店でもご注文いただけ、ギフトセットとしても大変喜ばれています。

お友達やお世話になった方へのお贈り物は是非当店にてお選びください!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

おいしく、たのしく、地域づくり【つながるシェ】

ゴマクロサロンの冨士本です。

ぐぐっと気温が下がってきましたね・・・!

そんな中、喜界島の新生姜を手に入れました!

甘酢漬けとシロップを仕込んだので、出来上がりが楽しみです^^

生姜パワーで体を冷やさないように心がけたいです◎
さてさて、先週に引き続きイベント情報です☆

今回も、秋のお出かけにピッタリ!なイベントですよ^^

●●つながるシェ in 山科 ●●

 

 

「おいしく、たのしく」をテーマに、地域づくりに貢献したい!

 

 地域でしかできない体験
地域でしか味わえない食事・・・など
その地域と人・もの・環境をつなぐお手伝いができれば。

そんな思いで始まった【 つながるシェ 】

第一回目は 京都・山科で開催です!!

■ 日 時 ■ 11月23日(木・祝)10:00~16:00
■ 場 所 ■ オリーブ農園(京都市山科区小山北林町8)
http://olive-net.info/

●アクセス●
・山科駅から徒歩25分
・山科駅から京阪バス(20、21番)で小山北林町下車 徒歩1分
・京阪京津千四宮駅 徒歩15分

●駐車場はございません。(近くにコインパーキングあり)
出来るだけ公共交通機関でのお越しをお願いいたします。

●おむつ替え&授乳スペースあり
※入場無料
※雨天決行(WORK SHOPは中止)・荒天中止
▲▲ WORK SHOP ▲▲ 【 大根とさつま芋の 収穫体験 】

オリーブ農園で丁寧に育てられたお野菜を収穫!
採ったお野菜はお持ち帰りいただけます◎

2部制 ①10:30~/②14:00~
参加費 500円(税込み) 3歳以下無料
▲▲ FOOD ▲▲ 【 tsunaguカリー 】


昔ながらの手法で作った調味料と、地域のお野菜をたっぷり使った特別カリー!
津乃吉のお出汁がた~っぷり染みた大根を添えて召し上がれ!
1,000円(税込)

※限定50食!売切れ次第終了
※売り上げの一部は山科で子ども支援に取り組む団体に寄付されます
▲▲ SHOP ▲▲ 【 未来につなぎたいもの、大集合!】


お子さまに・ご家族に安心してお召し上がりいただける
「未来につなぎたい」ものをお届け!
・オリーブホットハウス(野菜・農産加工品)
・津乃吉(佃煮)
・テラ・ルネッサンス(コーヒー)
・山田製油(ごま)
・・・and more
各詳細は下記ページをご覧下さいませ
↓↓↓
https://www.facebook.com/events/1948527862094306/

よければ、「いいね!」ボタンをぽちっと押してください!
一緒にイベントを盛り上げていただければ幸いです^^

親子で、ご家族で、お友達と、
ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ♪
ご参加お待ちしております!^^

ごま香る~牡蠣のピリ辛炒めみぞれ和え

はやいもので十一月に入りました。先月は、雨の日が多く、
暑くなったり寒くなったり大型台風が来たり……と
天候不順でしたが、十一月に入ってからは、
穏やかな秋晴れの日がつづきます。

先日の文化の日を含む連休も、日中は麗らかな陽射しの暖かな日でした。
が、朝夕はぐんと冷え込む今日この頃、
寒暖差が大きくなってきたためか、紅葉の色も急に
鮮やかさが増してきたようです。

そして今日11月7日は、二十四節気の立冬。
立冬は初めて冬の気配が現われてくる日、とされています。
「立」が付くのは「立春」が有名ですが、新しい季節になるという意味。
暦の上では、立冬から冬!となります。
(とはいえ、まだこれから紅葉を愛で晩秋を楽しむ時季ですが…)

さて、冬至にはかぼちゃをいただきますが、
立冬には そのような食の風習はありません。
寒暖差が大きいので、風邪をひいたり、体調をくずしたり…
ということがないように、旬の食材をいただいて、
これからの寒さにそなえ
体力と元気をつけたいものですね。

旬のもの、いろいろありますが、
魚介の中から「牡蠣(かき)」、
野菜から「大根」 を使った献立をご紹介します。

牡蠣は高たん白低脂肪で、数多くのアミノ酸、各種ビタミン、
様々なミネラル、グリコーゲンやタウリンなどの栄養素を多量に
バランスよく含む栄養豊富な食材。
そして、大根は、年中 野菜売り場で見かけますが、
本来は晩秋から冬が旬、寒くなると、
みずみずしく甘味が増していきます。

牡蠣と大根で「牡蠣のピリ辛炒めみぞれ和え」です。

この献立では、大根をおろしています。
大根はおろすことで、抗菌作用やガンを抑制する作用、
免疫力が高まります。
消化も助けるので、胃腸にも優しくヘルシー。

ただ、おろすと時間の経過とともにビタミンCが減っていくそうです。
酢を少々加えると、ビタミンCが壊れにくくなるので、
お酢を混ぜているのがポイントです。
また、辛味が強い大根は酢酸の働きで、辛さが緩和されます。
味もさっぱりして、牡蠣のこってりしたピリ辛の味と
とてもよく合います。

牡蠣の下ごしらえの仕方も書いておきます。
ちゃんと下ごしらえすると、牡蠣はふっくらと美味しく
臭みなく仕上がります。是非作ってみてください。

▼牡蠣の下ごしらえ
牡蠣(約150g)をボールに入れて、塩と片栗粉を小さじ1ずつかけ、
全体に、牡蠣のヒダの中にも行き渡るよう、手で優しく混ぜる。
10秒ほど混ぜると、水を1/2カップほど加えて更にそっと混ぜる。
ヌメリと汚れがたくさん出るので、それを捨て、新しい水をためて、
やさしくさっとすすぎ(2度すすぎ)ザルに上げ、水気をきっておく。

◆ 牡蠣のピリ辛炒めみぞれ和え
【材料】(2~3人分)
・牡蠣 1パック(150g)
・片栗粉 適宜
・ごま油 大さじ1
・生姜 1かけ
・鷹の爪1本
・塩、こしょう 各少々
A【オイスターソース・醤油・酒・みりん 各小さじ2、 砂糖 少々】
・金ごま油 少々
・大根 約7cm
・酢・うす口醤油 各少々
・細ねぎ 1本

【作り方】
1.大根はおろして酢、うす口醤油を混ぜておく。

2.下洗いした牡蠣の水分をキッチンペーパーなどでふきとり、
片栗粉をまぶす。

3.ごま油、鷹の爪を入れ熱したフライパンで2を焼く。
こんがりと焼き目が付くくらい。

4.両面焼けると、Aの材料を混ぜて鍋肌から入れて、おろし生姜も入れて
からめて火を止める。

5.器に盛り、1の大根おろしをのせて金ごま油をタラっとかけ、
細ねぎの小口切りを散らす。

※ お子様には鷹の爪なしで。
※ ピリ辛好きの方は、仕上げにごまらあ油をどうぞ。
※ 辛みのある大根おろしがお好みの方は、先の方(細い方)
でおろしてみてください。

【 gomacro Salon 】「国産ごまヌーボー」試食会

ゴマクロサロンのフジモトです^^

すっかり秋の気候になりました!どこかにお出かけしたくなりますね◎

紅葉もいいけど、おいしいものも食べたい!

そんな秋のお出かけの候補に

ぜひ加えていただきたいイベントのお知らせです!

 

今年も開催!
▲▲ 「国産ごまヌーボー」試食会 ▲▲

 

「国産ごまヌーボー」は旬の国産ごまのことです。

国内自給率が0.01%未満(!!)のとっても貴重な国産ごま。
その国産ごまが11月に収穫時期を迎えます!!

海外産に比べて小粒な国産ごまですが、
その味わいはとても濃厚で甘味があり、香りのよさが特徴。

当日使用するのは鹿児島県 喜界島産の国産白ごま。
国産ごまの70%は、ここ喜界島産で
山田製油の国産ごまの多くも喜界島産を使用しております

山田製油と喜界島のつながりや、ごまかしなしのごまのお話、ごまの食べ比べなど
へんこ社長自らがごまをすりながらトーク!

去年も大好評だった、
ごますり体験&すりたてのごまを使ってのおばんざい作りも。

香ばしいごまの香りに包まれた贅沢な時間をお過ごし頂けますよ^^

このイベントにより
多くの人に国産ごまのおいしさを体験していただければ幸いです。
お気軽にご参加くださいませ◎

お子様のご参加も大歓迎です☆

■ 去年の様子はこちら ■
https://www.facebook.com/gomacro.fpage/videos/1551348728225035/


■日時 2017年11月26日(日)
2部制  11:00~12:00/14:00~15:00

■参加費 無料

■ご予約方法
以下サイトよりご予約下さい
http://gomacro.resv.jp/

※3G端末(フューチャーフォン)などではリンク先がエラーになることがございます。
その際はお手数ですがゴマクロサロンHPのイベントページよりお進み下さい。
http://www.gomacro.jp/event/

 

※※※ イベント開催を記念した「喜界島セット」 ※※※
※※※ 1 0 0 セ ッ ト 限 定 で 販 売 中 で す ! ※※※


http://shop.henko.co.jp/fs/gomayamada/imadake/6185


貴重な国産のごま(しかも新ごま!)を

贅沢に味わえるこちらのイベント。

ぜひこの機会にお立ち寄り下さいませ^^

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております◎

【ごまの5!】とろとろ湯葉と京野菜の鍋セット

毎年大変ご好評いただいております「とろとろ湯葉と京野菜の鍋セット」、今年も販売スタートいたしました。


今年はより皆様に楽しんでいただけるよう京都の素材を詰め合わせました。

お出汁にうね乃さんの利尻昆布、京野菜は壬生菜と九条ネギ、老舗巣林庵さんの巻湯葉、そしてもちろん当店の美味しい純国産黒すりごまと練りごまをたっぷり使ったごまだれをお届けしますので、届いたその日にすぐ召し上がっていただけます。

さらに今年は賀茂とうふ近喜さんのうす揚げ、京野菜の聖護院かぶらも追加注文いただけます。
※聖護院かぶらは収穫スケジュール上、11/20が初回出荷となりますのでご了承くださいませ。

どの品も丁寧に作られた逸品でとても美味しいですよ。
お箱に入れてのお届けなので大切な方へのギフトにもおススメ。

寒くなってきてお鍋日和のこの頃、京都をたっぷり堪能できるお鍋セット、いかがでしょうか。