さばのごま揚げ

きょう は、二十四節気の寒露です。

その文字面から、寒いような印象を受けますが、
「寒露」とは、晩夏から初秋にかけて、
草花に宿る冷たい露のことです。
 
秋の深まりをしみじみと感じる趣のある言葉ですね。
実際には、寒露のころはまだ暑いことも多いのですが、
それでも朝夕はひんやりした空気に肌寒さを感じます。
どこからともなく 金もくせいの香りが漂い、
耳を傾けると虫の声が聞こえ、
栗や柿、りんごなど秋の味覚が店先に並ぶようになり、
五感で秋を感じる頃です。

今年は寒露の日が、体育の日と重なりましたので、
きょうは運動会、という方も多いかもしれませんね。

これから秋の行楽シーズンでもあり、
お弁当を持っていく機会も増えることかと思います。

お弁当の一品に、冷めても美味しい
さばのごま揚げはいかがでしょう。

「秋さば」と呼ばれるように、さばは秋に脂がのって
美味しくなります。

さばには、脳の活性化や血液サラサラ効果のあるDHAたっぷり、
カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富。
旬の時季には栄養価もいっそう高まります。

たっぷり付けたごまで、香ばしさ抜群、
もちろん、揚げ立てのあつあつも美味!

ごまは、白炒り胡麻と炒り胡麻を別々にしても、。
白と黒を混ぜても、…お好みでどうぞ。
混ぜて使う時は、白と黒を2:1くらいの比率で混ぜると
白黒がバランスよく見えます。

食欲の秋に、美味しく食べて健康に♪

◆さばのごま揚げ
【材料】
さば 1/2尾分(3枚におろしたもの)、
塩・こしょう 各少々、 酒 小さじ2
薄力粉 大さじ1強、 卵白 1個分
白炒りごま 大さじ4、 黒炒りごま 大さじ3
くっきんぐせさみおいる(揚げ油)適宜、 青じそ 少々

【作り方】
1. さばを食べやすく(3~4cm幅に)そぎ切りにし、
   塩・こしょう、酒をふりかける。
2. 1の水気をぺーパーで押さえてふき、薄力粉をまぶし、
  溶き卵をくぐらし、ごまをまぶす。
3.フライパンにおいるを入れて(1cmくらいの深さ)
  160~170℃に熱し、2を入れて揚げ焼きにする。

※ 下味とごまの風味があるので、そのままで美味しくいただけます。
※ 1で、カレー粉や山椒粉など香辛料を混ぜても風味豊かで美味しいです。

【今回使用したのはコチラ】

【くっきんぐせさみおいる】

【炒りごま(白)】

【炒りごま(黒)】

へんこ男の料理「台風の休日はカレー」

台風24号に備えて、日曜日は胡麻の我が家で過ごしました。読書三昧か鉄道模型で遊ぶかと考えていたのですが、お腹も減っていたのでカレーを作ることにしました。

今回は、最近話題となっている「カレーの壺」というペースト状のスパイス調味料を使いました。保存料や化学調味料無添加で、フェアトレードを実践されている素敵な会社の製品です。

あまりに簡単にカレーを作ることができる調味料なので、メインが鯖とチキンのカレーを2種類作りました。

どちらのカレーもニンニクと生姜をクッキングセサミオイルで炒めることからスタートです。

どちらもバーミキュラ鍋を使いました。チキンの方はココナッツミルクを加えて、味に変化をつけました。また、カレーの壺はマイルド味ですが、手持ちの辛味香辛料を加えて、辛さも変えたした。

出来上がりはこんな感じです。水菜とレタスのサラダには、ごまだれをドレッシング代わりにかけました。

ライダーカップを見ながら、時々外の風雨を気にしながら、美味しくいただきました。