へんこ社長の男の料理「ねぎ塩胡麻油」

ねぎをみじん切りにして、塩を適当に加えて金胡麻油をヒタヒタになるくらい加えました。塩加減はお好みで味見しながらかき混ぜるだけの簡単調味料です。


晩酌のオカズに豆腐にかけました。


そして、次の日の朝は納豆に、醤油の代わりに使いました。熱々の白ご飯に納豆をのせて食べると、金胡麻油の香りが口の中にいっぱいに広がりました。



できれば使い切る分量だけ作ってください。あまり長く置くと、ねぎの苦味が油にでてきます。ちょっとひと手間で作れる調味料です。

へんこ社長の男の料理「結局カレー!」

6日ほど前に作った新玉ねぎと人参の焚き物です。仕上げに火を止めてから練り白胡麻を大量に投入するとコクが出てます。

その晩は、ササミのクッキングセサミオイル煮などと一緒に美味しくいただきました。


その翌日には、無性にカレーが食べたくなったので、改造作業に取り掛かりました。


もう何日食べたことでしょう。数日前にはタイの香り米でも食べました。

とうとう本日が最終日となるようです。天気がよい胡麻の朝だったので、ちょっと肌寒かったですが、庭のテーブルで食べました。でも朝食で最後ではありません。お昼のお弁当で持って行く予定です。明後日の山田カリー営業日も当然食べますが、本当にカレー好きのへんこ社長です。

へんこ社長の男の朝御飯「ご当地名物」

本日の男の朝御飯を紹介します。

今朝のテーマは「細かくカット」です。

兵庫県丹波市氷上町にある手作りドイツソーセージ店「バイエリッシャーホーフ」さんのベーコンを小さく切ったものと、当社のごま油粕を餌にそだった大原の山田農園さんの野玉子を一緒に炒めました。

ちなみにバイエリッシャーホーフは氷上町の水分かれの交差点近くですが、当社の胡麻工場の近くにも水分かれの交差点があります。

もう一品は、三重県尾鷲出身の当社スタッフにもらった、地元名物「ときわ漬」を細かくカットしました。

ときわ漬はスタッフのお祖母様が作られているそうです。化学調味料、保存料無添加の漬物です。優しい味で美味しかったです。

安易に消費者ニーズ聞き入れたり、自分たちの都合で化学調味料や保存料を使用する食品製造や飲食店の経営者にも少しは考えて欲しいと思わせる一品でした。

へんこポテトサラダ!千裕

新じゃがの季節ですね。家族絶賛のへんこ流ポテトサラダをご紹介します!


材料4人前

メークインまたはばれいしょう2コ

必須は、へんこの金ごま油と白練りごま!

きゅうり、人参、コーン、卵はお好みで

今回は、にんじん1/2、きゅうり1本、ハム3枚、ゆで卵1個、塩胡椒適量、つぶマスタード、塩胡椒、レモン汁

1.じゃがと人参は適当カット塩ゆで10分

2.お湯からあげたらすぐ金ごま油を2回しして粗熱をとる(これがポイント)3.粗熱がとれたら、お好みの具材を投入(きゅうり薄切り、ハム3枚&茹で卵角切り)

4.レモン1/4の絞り汁につぶマスタードはお好みで。練り胡麻大さじ2、マヨネーズと塩胡椒はお好みで混ぜます。

あしらいは、トマトやラディッシュなど赤いろを足すとよろしいかと!
ぜひお試しください!

へんこ社長「GWは胡麻でお勉強」

GW最終日の胡麻の朝はさわやかです。今日は大学院の卒論のためのお勉強をする予定です。

先ずは朝御飯ですが、一昨日に大量に仕込んだ「山田流だし」の最終段階を一品に加えました。

山田流だしは数種類の野菜の微塵切り(特にネバネバの山芋やオクラを必須です)にして、クッキングセサミオイルと塩、醤油、柑橘果汁で味付けしたシンプル料理です。

山田流だしは私のこれからの季節の定番です。特にトマトが美味しくなる夏場には毎日食卓に並ぶと思います。

昨日にテラスの窓拭きもしたので、田んぼや森の借景も綺麗に眺めることができます。これでおそらく勉強も捗ることでしょう。

あっ、午前中にWOWOWでボクシング中継もあるので見なければいけませんでした。それに行楽のお客さんで混むので、早めに日吉温泉に行きたいと思います。

こんなんで本当に勉強できるのでしょうかねー。

【ごまの5!】5/5・へんこだれ

毎月【ごまの5!の日】にお届けする 製品情報

今日、5/5はこどもの日。大人だけじゃなく、
子どもにもファンがたくさん!の「へんこだれ」情報です

 

 

 

 

 

 

 

厳選した調味料と、全国各地から届く新鮮な野菜を使用。
すべての調味料・食材が安心・安全の無添加で製造しています。

甘辛のしょうゆベースの万能だれ。お肉にはもちろん、
どんな食材にもあうので、これ1本あれば毎日の料理が
美味しく、ぐぐぐーーーん!と便利になりますよ


山田製油のレシピの中でも
人気の高い

「食べに行くより早い!
10分で豚丼」

思い立ったらすぐ作れる!
子どもでもできちゃう!
手軽さです

 

山田製油スタッフの子どもたちにも大人気の「へんこだれ」
これは、スタッフの子どもが夏休みの自由研究で作った
”オリジナル・かるた!”

山田製油の工場は、京都市内の桂と南丹市日吉町胡麻と
2か所に分かれています。

このかるたをつくってくれた子は、胡麻工場のスタッフの子。
「へんこだれ」をつくっているのは桂工場。

場所は離れていても、製品のおいしさが届いて
こうして表現してくれる。
桂の職人もスタッフも、とてもうれしかった写真の1枚です

GWも後半戦、いい天気が続いていますね
バーベキューや家族団らんのごはんに、ぜひ「へんこだれ」を!
おすすめです

●おいしい水曜日・山田カリー●

さぁ、今日は水曜日!
桂本店おとなり、ピッコロモンドヤマダで 毎週水曜日にはじまった
○おいしい水曜日・山田カリーの日○

水曜日だけ。週に1回だけ。しかも11時から15時だけ。

京都周辺の農家さんから届く旬のお野菜と玄米ごはん。
自慢のごまたっぷり 。土鍋が ”くつくつ”  のスープカレーです。

土鍋の中のカリーが”くつくつ”しています!

テーブルには、ねりごま、
ごまらぁ油、
ガーリックせさみおいる。

自分のお好み味で、
カリーをお召し上がり
いただけます。

そして…回を重ねるごとに進化を続ける山田カリー!
最近登場したのは、自家製ハリッサソースです。

手前は、喜界島産のキレのあるすっきりとした辛さをいかした自家製ハリッサソース!
スープカリーには、ごまらぁ油ペーストに加え、20種類以上のスパイスをブレンド。実は実は…動物性食材不使用なのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

山田製油で国産白ごま栽培を応援している、鹿児島県喜界島。
白ごまもたくさん獲れるのですが、唐辛子も栽培されていて
これが、なんとも辛くて、すっきりと美味しいのです!

この唐辛子をベースに様々なスパイスを漬け込み熟成させた
オリジナルのハリッサソースも加えながら食べる
山田カリーは、絶品ですよ~。
美味しい水曜日にぜひ会いにきてください

☺山田カリーの最新情報は以下より発信しています☺
山田カリーfacebook
https://www.facebook.com/山田カリー-1670092736614438/
山田カリーinstagram
https://www.instagram.com/yamada_kari/

へんこ社長「今日のお弁当」

今日のお弁当は玄米ご飯の間に鰹節をサンドイッチしました。それとちょっとヤラセですが、胡麻塩をトッピングしました。普段は食べる前に胡麻塩をふりかけるのですが、皆さんに当社の胡麻塩を宣伝したかったので、先にふりかけました。

おかずは昨晩の残りの「八宝菜もどき」です。胡麻油と紅生姜の香りが混じり、我が家の定番料理です。


へんこ社長 男の料理「主役は胡麻塩」

今日の昼弁当です。今晩は独り飯なので、その時のお菜も兼ねて、お揚げさんと豆腐、葛きりを炊きました。オヤジになってくるとドカァンと大盛り料理よりも小皿で何品かの方が楽しいので、今晩は簡単料理ですが何品が作るつもりです。

ところで弁当の方は玄米ドカベンですが、健康に良いと言われる玄米にもデメリットもあります。

玄米の胚芽や表皮にフィチン酸という強力な排泄作用を持つ物質が多くあり、毒素を出して病気を治していく作用がありますが同時にミネラルも出していくのです。体内毒素とミネラルは別々の所に存在しているのではなく、毒素とミネラルを一緒に排泄してしまいます。そのミネラル分を補うのが胡麻塩でなのです。

いつもは脇役の胡麻製品ですが、私の独断と偏見で、今日の「男の料理」では胡麻塩が主役です!

へんこ社長 男の料理「ドカ弁当」

一昨日までの大雪は、私が京都市内から引っ越して十年少々の経ちましたが、一番の積雪量でした。


また、今晩から雪になりそうなので京都泊まりになりそうです。

雪ネタとは全く関係ないですが、今日のお昼は「ドカ弁」にしました。

いつものように玄米ご飯の間に鉄火味噌を挟み、メザシをトッピングしました。オカズは昨晩の残りモノのお揚げと菜っ葉のたきものとピッコロシェフ山中君手作りの白菜の漬け物です。

シンプルですが、メザシが美しい私好みの「ドカ弁」です。